著者;ピョートル・フェリクス・グジバチ
朝日新聞出版
Amazonへ

この本のサブタイトルは ”「最少の人数」で「最大の効果」を生み出す方法” です。
働き方改革が世間で注目されているけれど、なぜか自分は忙しい、、、
新たな仕事を依頼した時の不満そうな部下の反応が気になる、上司から進捗が進んでないと催促される、そんな板挟みにあった結果、自分で精一杯仕事を片付ける、そして、気がついたら時間は過ぎ去り、働き方改革は部下と上司と人事部のもの、、、そんな毎日に疲れてしまっている日本の中間管理職ビジネスパーソンのみなさん、この本で、日頃のお悩みの解決方法を見つけませんか?

マネジャーとは何か?を学べ、働き方改革と生産性向上へつながるノウハウが満載です。
著者は外国の方ですが、翻訳本ではなく、日本人マネジャー向けの日本の著書なので、読みやすいですよ。

レビュアー

杉本輝美

毎日頑張って働く会社員です。