エイミー・C・エドモンドソン
2021年2月3日
英治出版
Amazonリンクはこちら

心理的安全性の提唱者、エドモンドソン教授の翻訳新刊です。「ぬるい組織」として、何かと誤解されがちな「心理的安全性」というワードですが、エドモンドソン教授は以下のように述べています。

自動車を動かすのが燃料でないのと同様、組織を動かすのは心理的安全性ではないのだ。

第一章「土台」-「心理的安全性だけでは十分ではない」より

また、このようにもこの著書には記述されています。

「素晴らしいもの」をめざすなかで「駄目なもの」に積極的に向き合って初めて、目を見はるような大成功が生まれる。

第七章「実現させる」-「心理的安全性の土台のつくり方」より

私なりの解釈ですが、「心理的安全性」はハーズバーグの二要因理論の衛生要因に当たるものではないかと思いました。
素晴らしい成果をあげるために、認めたくない事実に正面から向き合い、受け止めることができる組織であり続けることが必要であるから、その心の準備として「心理的安全性」が土台となる、そんなことを教えてくれる本です。
誰かと協働して達成するものがあるビジネスパーソンにおすすめです。

レビュアー

杉本輝美

頑張って働く会社員です。