中野信子、ヤマザキマリ
2021年4月20日発行
講談社
Amazonへ

足を引っ張りあう世の中にうんざりしている人におススメです。「自分が損してでも他人をおとしめたいという嫌がらせ行動」を「スパイト行動」と呼び、日本人は、スパイト行動が顕著とのことです。スパイト行動をとる人が多い環境をなるべく避けること、もし避けられないのなら、

相手の妬みを憧れに変え、自分を生贄にするよりも、生かして仲良くしたほうが得だと思わせられるようになるまで、自分を磨きぬかねばなりません。

48ページ

と本書では述べています。本書後半では、生贄探しをしてしまう人間の歴史が語られ、スパイト行動をしない、されないためのヒントを学ぶことができます。

レビュアー

櫻井和博

製造業で開発企画をしてます。
毎月、新刊を書店でチェックして、厳選したものを紹介します