本を通じたコミュニケーションで学びを深め、応援者を作る!
ビジョンを実現化するための読書会「ビジョナリー読書会」のご案内です。

本は安価で、自分のペースで効率よく知識やノウハウを手に入れることができる、すばらしいツールです。
ところが、
あー、よかった。
おもしろかった。
勉強になった。
と、読んだだけで終わっていませんか?

本から得た学びを言葉にしてアウトプットし、行動を宣言することで、腹落ちして行動につながります。

また、本を通じてコミュニケーションを深め、お互いに応援し合う関係を作ることができます。
あなたも、本と人と場の力を使ってビジョン実現に向かいませんか?

「ビジョナリー読書会」は、課題図書やテーマは決めません。
ご自分のビジョン実現のための本を選んで、「ビジョナリー宣言」をしていただきます。

「ビジョナリー宣言」とは、ビジョン実現のための本を読んで、今後どのようなことを心掛けるのか、どのような行動をするのかを簡潔に宣言することです。「書評」「レビュー」と異なるため、たとえ同じ本を読んでも、読み手によって「宣言」の内容は異なります。


【概要】
◆開催日時 7月28日(日)
 受付/10:15〜
 読書会/10:30〜12:00
 ※10:30に始められるように、余裕をもってお越しください。

◆開催場所 丸善松本店館内
 Cafe&Sweets Quattro Cuore(クワトロクオーレ)
 地図:https://goo.gl/maps/h86on1Qacvn4N3419

◆対象 本というツールを使って、夢を叶えたい、自分を成長させたいと願うビジネスパーソン。

◆参加条件 ビジョン実現のための本をすでに読み、読書会で「ビジョナリー宣言」する準備ができていること。
 ※初めての方は見学だけでもOKです。

◆定員 10名

◆参加費 ビジョナリー読書クラブ会員:無料
     ビジター(会員以外の方):1,000円 ※当日集金します。
 ※飲食代は各自ご負担ください。

◆参加方法 下の申し込みフォームから送信してください。

◆締め切り:7月27日(土)21:00
 席に空きのある場合は、当日のお申し込みも可能です。


【ビジョナリー宣言のしかた】
・本の「書評」「レビュー」「解説」はしない。
・マッキンゼー流フレームワーク「空・雨・傘」の要領で、「引用(事実)・気付き(解釈)・宣言(行動)」の手順で発表します。

〈例 ここから〉────────

(引用)
今回読んだ『嫌われる勇気』には、
・劣等感は、主観的な思い込み
・自慢する人は、劣等感を感じている
・健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれるのではなく、
 「理想の自分」との比較から生まれるもの
・「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない
と書かれています。

(気付き)
私はついつい他人と比較して劣等感を覚えてしまうが、自分のなりたい姿とのギャップに意識を向けて「もっと頑張らなくちゃいけない」「まだまだ自分は足りない、劣っている」と受け止めるべきだと思いました。

(宣言)
そのため、まずは自分の「なりたい姿」「理想の姿」――ビジョンを明確にし、手帳に書いてたまに見返していこうと決めました。

〈例 ここまで〉────────